登場人物 #3

 

顔をクリックすることで顔グラフィックをダウンロードできます

 

 

シェルビー=マクベイン

愛称・・・シェルビー(マクベイン中佐)

性別・・・男

年齢・・・44歳

 

皇国連邦陸軍、「第14師団」の師団長。

皇国連邦が滅亡した後、ウシャル山脈にてゲリラ活動を指揮し

今日まで生き残っていたのである。

召戦機の威力を十二分に理解していなかったが、冷静な判断と統制

を持ち合わせている。

SARCの執拗なまでの攻勢により窮地に陥ったときに聖なる勇者

(主人公)らと出会い、以後行動を共にする。

ユグランド級陸上輸送艦「ヴィリー」を乗艦としている。

 
 

 

 


      

 

 

 

 

 

 

 

グレイス=ジーコ

愛称・・・グレイス(ジーコ大尉)

性別・・・男

年齢・・・36歳

 

陸軍「第14師団」の旅団長にてシェルビーの副官

もとい、よき理解者である。

連邦軍仕官としては若年で、その風貌と態度から他の上官たちに

煙たがれているが、飛行艇の操縦の腕は確かである。

直属の上官であるシェルビーとともに、ウシャル山脈でゲリラ活動を

行っており、飛行艇の一撃離脱による対地攻撃により、

SARCの召戦機を撃退していた。

 
 

 

 


      

 

 

 

 

 

 

アルベルト=ハズヴァイヤー

愛称・・・アルベルト(ハズヴァイヤー閣下)

性別・・・男

年齢・・・56歳

 

オーリス王国の錬金術と召喚術の研究を担っている

王立召錬協会の現総帥。

召喚術と錬金術の平和利用に専念していたが、

SARCの皇国乗っ取り、ヴィアードの亡命、そして、

SARCの召戦機の威力という現実を前に、

召喚術と錬金術の軍事利用を余儀なくされてしまった。

ヴィアードの口からSARCの支配による惨状を聞き、

主人公らに惜しみない協力を約束する。

聡明で柔軟性も高く、王国内の発言力も高い優れたリーダーである。

 
 

 

 

 


      

 

 

 

 

 

エルカリナ=セイファーリア

愛称・・・エルカリナ

性別・・・女

年齢・・・30歳

 

現SARC総帥ヨーゼフの秘書兼、その妻。

彼女自身も優れた召喚術士の家系に生まれ、英才教育を受けてきた

聡明な召喚術士でもある。

容姿は端麗だが、性格は冷徹かつ激情的。

生命エーテル力も強大で、召戦機の操縦も巧みにこなすため高位の召喚術と専用の秘伝召戦機「ルサールカ」を操り、単機で1師団規模の軍隊と対等以上に戦うことも出来る、

すぐれた操術者(パイロット)でもある。

なお、ヨーゼフと結婚したきっかけは彼の類稀な能力に目をつけ自らの家系存続とその家の優秀性の保持のために結ばれたらしい。

 
 

 

 

 

 


      

 

 

 

 

 

 

 

ヨーゼフ=セイファーリア

愛称・・・ヨーゼフ(セイファーリア総帥閣下)

性別・・・男

年齢・・・39歳

 

その類稀な知謀と采配力を用いて並み居る幹部たちを退け、

組織の頂点の座を完全に掌握した、国際召錬開放同盟

通称・SARC総帥。

彼は「選民思考」と「武力による平和統合」のために、1000年前に封印されていた錬金技術と召喚知識を次々と復活させ古代の召喚兵器「召戦機(トルーパー)」を大量所持・集中運用することによって

当時屈指の軍事力を誇った皇国連邦を滅ぼし、全アリストリアに戦乱の時代を迎えさせた張本人である。

平然と非人道行為を行える残虐性と、異世界からの優秀な人材を

数多く采配できるカリスマ性も持ち合わせており、SARCの将兵たちには彼を「生ける神」と崇めている。

とある理由により、狂気と妄想にとらわれている男になったらしいが

・・・?

 
 

 

 

 

 

 

 


      

 

 

 

 

 

 

 

↓↓このページの顔グラフィック(ダイアログデータ付き)をダウンロードする場合はこちら↓↓