過去の名言&解説

 

名言

解説

更新日

「そんな時代に

アルファーと言う

男の子は生まれた・・・」

    プロローグより

全世界が滅び去っていた上に

神皇の無敵ともいえる強大な力を用いて

世界征服を狙い続けている(200年以上も)

そうゆう時代に生まれた人間というのは

どうゆう気持ちだろうかと感じさせてくる

そんな言葉である・・・。

2002/8/13〜9/12

「本当に僕は

この世でたった一人だと

思っていた・・・」

by アルファー

飛空騎士の方のアルファーの一言である。

トリデ村を攻撃している最中に

教会の孤児になっていた自分そっくりな人を見て

動揺して、呟いたセリフ(?)である

アルファーはこの先、自分がどんな存在なのかと

疑問を持つようになるのだが、果たして・・・?

アルファーは自分に自信を持てるのか?

2002/9/1710/15

「この子が神皇様の手に

渡ったら・・・

きっと神皇様の尖兵して人間を殺し続ける

人間になるかもしれない。」

     by ミツコ

下水道を通って逃亡する途中で

ミツコがつぶやいた独り言。

いかにも退廃的な世界観を表しているような(MA・I談)

セリフである。

もし、アルファーを連れて逃亡しなければ

間違いなく神皇の兵士として一生戦い続けなければ

ならなくなる懸念が込められている。

2002/10/152003/12/3

 

戻る