第3弾

 

国家情勢 #1

東方に位置する、世界最強とも言われる航空戦力を保有する

立憲帝政軍事国家。

東方は4000年の歴史を持つというが、それは王朝が数多く移り変わってきたこそである。

前身は北方の民族自治国家であったが、「空を制すれば戦を制する」という思考を元に

戦闘機と飛行戦艦を実用化させたことにより、

1021年に前王朝である「ミン」の保有する、約20万の軍勢を完膚なまでに叩きのめし、東方全土を平定させた。

現皇帝は、地方のニンジン売りから身を起こした「神徳帝」である。

「神徳帝」は立憲君主による全世界共存と平和をスローガンにし

国際連合の頭首である「メレニム王国連邦」を降伏させることにより

今後の早期講和を実現するために、侵攻するに至ったのである。

 
   シェン帝國

    

←国章

 

単一王朝国家にしては、1000年以上も続いているという

世界髄一の立憲君主国家である。

メレニム建国時に初代国王である「建国王メレニウムT世」により、

「メレニム暦」が世界の標準暦となっている。

ルシア達の父である「アウグスト・クレマンシー・メレニウム」の代で立憲君主制の変遷と文明開化を果たし、現在の隆盛に至っている。

この国の王家は、強力な超常的精神能力「サイコエネルギー」を持つ。

その下には建国から従っている「理・時・智」の称号を持つ3人の貴族「3賢者」が存在し、

彼らもまたメレニム王家に匹敵する「サイコエネルギー」を持つ。

近年強大化していく「シェン帝國」に対抗するため、全世界の盟主を集めて

「国際連合」を結成させる。

 
  メレニム王国連邦